作業中の状態を見せたくない場合



ホームページを作っている途中の段階を、見られたくないという方は多いです。
作業中の状態を公開せずに、出来上がったら公開するやり方を紹介します。

1.プラグインのMaintenance Modeを使う

[プラグイン] ⇒ [新規追加] で検索ボックスに 『Maintenance Mode』を入れて検索します。


Maintenance Mode がヒットしますので いますぐインストール をクリックします
インストールが完了したら プラグインを有効化します。

Maintenace Mode を有効化すると [設定] のボックスに [Maintenance Mode] が出てきます。


メンテナンスモード 『使用』 にチェックを入れて保存します。


これでメンテナンス状態になりました。

一般の訪問者がホームページにアクセスするとこのようになります。
※ログインしているとメンテナンスモードは表示されませんので、確認しながら作業ができます。

また、メンテナンスモードのメッセージ等を変更することも可能です。

2.レンタルサーバーのサーバードメインで作業し、完成したら独自ドメインで公開

既に独自ドメインを運用していて、WordPressに変更したい場合など、こちらの方法を使うと便利です。

レンタルサーバーで、最初に与えられる初期ドメイン(さくらインターネットならば、http://○○○.sakura.ne.jp/)にWordPressをインストールし作成。
⇒ 完成後、独自ドメインに切り替え

この手順ですと、独自ドメインに切り替えるまでは、それまで運用しているホームページが表示されます。

さくらインターネットの場合で説明してみます。
(さくらインターネットの場合、スタンダードプラン以上が必要です。)

WordPressのインストール先を初期ドメインにしておきます。

直接独自ドメインにインストールするのではなく、まずはサーバー初期ドメインにインストールします。

さくらインターネットならば、クイックインストールでインストール先を「wp」などにしておきます。


これで、 http://サーバー初期ドメイン/wp/  にインストールされます。

まずは、こちらのURLで、作業を進めます。

独自ドメインの切り替え

公開の準備ができましたら、サーバーの初期ドメインから、独自ドメインに切り替えます。

サーバコントロールパネルのサイドバーにある 【ドメインの設定】 ⇒ [ドメインの設定]から取得した独自ドメインを設定します



何度か確認画面が出てきますが、『送信する』をクリックします。
ドメインの設定 から 独自ドメインの 『変更』 をクリックします。



ドメインの詳細設定 に移ります。
『2.マルチドメインの対象フォルダ』に、インストール先のフォルダ名を入力し『送信』ボタンを押します。(今回は wp)


『2.マルチドメインの対象のフォルダを指定してください』の指定フォルダに、WordPressをインストールした、初期ドメインのフォルダ名(wp)を入れることで

http://○○○.sakura.ne.jp/wp ⇒  http://○○○.com  となります。

指定フォルダに、WordPressをインストールしたフォルダ名を入れると、独自ドメインの 『パス』の部分に 指定したフォルダ名が入るのを確認します。


次に、WordPressの管理画面で、アドレスの変更をします。

[設定] ⇒ [一般] から

WordPressアドレス(URL) と サイトアドレス(URL)を、独自ドメインに変更します。※アドレスを間違わないように注意してください。

両方ともサーバードメインのものを、独自ドメインにします。

『変更を保存』をクリックします。
これで作ってきたホームページが、独自ドメインに切り替わり公開されました。

2017年3月からのアメブロ常時SSL化に際しまして、「フリープラグイン」を使ったカスタマイズが利用できなくなる可能性があります
【追記あり】アメーバブログの常時SSL化に伴う仕様変更について|スタッフブログ
フリープラグインを使ったカスタマイズはせずに、CSSを使ったカスタマイズを行ってください

コメントを残す