FacebookページをWordPressで作成、更新


WebDesigning Vol128に、FacebookページをWordPressで作るプラグインが紹介されています。
実際に試してみましたので、こちらでも紹介します。

Facebook Tab ManagerでFacebookページを作る

1.Facebook Tab Managerをインストール

管理画面の [プラグイン] ⇒ [新規追加] からFacebook Tab Managerを検索します


見つかったら、インストールします。


インストール後、有効化します。

有効化すると、管理画面のメニューに「Facebook Tabs」という項目が追加されます。

2.Facebookページになるページを作る

[Facebook Tabs] ⇒ [新規追加] から、投稿や固定ページと同様に作っていきます。


「公開」をクリックすると、投稿画面の下に「To Install This as a Facebook Tab」という項目が出てきます。


「Facebook Developers」をクリックします

3.Facebookのアプリ設定

facebook DEVELOPERSページに切り替わりますので、「新しいアプリケーションを作成」をクリックします


アプリケーションの名前をつけ、画像認証を入力します。

[アプリ⇒アプリ名⇒基本設定] で App IDが表示されるので、コピーします。


WordPressに戻って、投稿画面下の項目の4でコピーしたApp IDを入力し、「Save」をクリックします。


「Facebook Integration Tab」に表示される Tab URLと、Secure Tab URLを、facebook DEVELOPERSページの基本設定に入力します

↑ のURLをコピーし、↓ に貼付け

facebook DEVELOPERSページ側の基本設定で入力

※共有SSLの場合、Secure Page Tab URLに入力するのは、「Facebook Integration Tab」で表示されるURLではなく、共有SSLのURLのものに変えてください。共有SSLのURLは、レンタルサーバーで確認してください。

URLを入力したら、「変更を保存」をクリックします。

4.ページタブを追加

WordPress側に戻り、投稿画面下の項目の5にある「Add to Page」をクリックします。


facebookに切り替わり、ページタブを追加の画面になります。

反映させたいFacebookページを選択し、「ページタブを追加」をクリックします。

これで設定が完了です。

実際にfacebookページを見てみると、このようにWordPressで作ったページが表示されています。


WordPress側から内容を更新することができます。

2017年3月からのアメブロ常時SSL化に際しまして、「フリープラグイン」を使ったカスタマイズが利用できなくなる可能性があります
【追記あり】アメーバブログの常時SSL化に伴う仕様変更について|スタッフブログ
フリープラグインを使ったカスタマイズはせずに、CSSを使ったカスタマイズを行ってください

2件のトラックバック

コメントを残す