さようならアメブロ

内藤です

僕のアメブロがアカウント削除になりそうです。
管理画面にログインできない状態で、明日にはブログも見れなくなってしまうでしょう。

3年と数か月。
読者数5685名。

ありがとうございました。

削除されてしまいますが、読者さんの増やし方は参考になる部分もあると思います

8日間無料で学ぶ! アメブロ読者が増えるメールセミナー

こちらのブログもよろしくお願いします^^

メルマガ読者を集めるのにステップメールが良いわけ



内藤です。

メルマガ(メールマガジン)を始めてもカンタンには読者さんは増えません。

まずは、登録してもらう場所が必要です。
メルマガフォームを設置する場所という事ですね。

これはブログを使えばいいですね。

次に、読みたいと思われないければ、わざわざメールアドレスを入力してまで読者にはなってくれません。

ステップメールならば、読者さんも集めやすくなります。

ステップメールとは、あらかじめ送るメールをセットしておいて、登録したら第1話から順番に配信できるというものです。

読者さんは、いつ登録しても最初から読むことができます。

また、ステップメールで集まったメールアドレスに対して、一斉メールを出すことも可能です。
つまり通常のメルマガと同じこともできるという事です。

それで、ステップメールならば、あらかじめ配信内容が決まっていますから、タイトルや概要などを先に見せる事ができます。

第1回目  「●●について」
第2回目  「○○の秘訣とは?」
第3回目  「これだけ覚えておけばいい10個のコツ」

みたいに、ドラマの予告のようにして先にみせておきます。

すると読みたいという気持ちも高まります。
ドラマでも来週の予告を見ると、また見たくなりますよね。

そういった効果で読者さんも増やしやすくなります。

僕もこのように同じ方法で読者さんを増やしています

『ブログ画像一覧を見る』 を非表示にする

内藤です。

先日からアメブロの記事エリアの上下にあるページ送りのところに

『ブログ画像一覧を見る』 

が追加されました。



これは僕的には不要なので表示させないようにしました。

やり方ですが、 旧デザインの『ベーシック』、新デザインの『CSS編集用デザイン』ともに

p.imagelistLink{
display:none;
}

をCSSに追加してみてください

これで、『ブログ画像一覧を見る』が表示されなくなります。

また、旧デザイン(ベーシック)で、『このブログの読者になる』を画像化していた場合
こんな状態になっているかも知れません。



おそらくこのようなCSSを追加されていると思います。

.readerMainLink p a{
display:block;
margin:auto;
padding:0;
text-indent:-9999px;
width:350px;/*ボタン幅*/
height:60px;/*ボタン高さ*/
background-image:url(画像URL);
background-repeat:no-repeat;
background-position:center top;
background-color:transparent;
}

これの  .readerMainLink p a  を  .readerMainLink .readerLink a に変えてみてください

カスタマイズの手順はこちらを参考にしてみてくださいね

アメブロにfacebook「いいね!」を押した方の顔を表示

内藤です。

アメブロの共有ボタンでの標準装備となった「いいね!」ボタン。



こんな風に「いいね!」を押した方の顔を表示させるやり方を、僕のやっているやり方ですが紹介します

1.まずは、facebookにログインした状態で、アプリ設定をします。

アプリ設定画面はこちら

facebook DEVELOPERSページに切り替わりますので、「新しいアプリケーションを作成」をクリックします


アプリケーションの名前をつけ、画像認証を入力します。

2.次にいいねボタンの設定を行います

こちらから「いいね!」ボタンの設定をします。





取得した2つのコードを使って、アメブロに設置します。

3.アメブロへ設置

アメブロのフリープラグインに次のコードを入れていきます。

記事の中に『いいね!』を入れるために、まずはこちらをフリープラグインの最初に追加します

<script type="text/javascript" src="http://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.7.2/jquery.min.js"></script>

次に先ほどの1つ目のコードを追加します。

<div id="fb-root"></div>
<script>(function(d, s, id) {
  var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0];
  if (d.getElementById(id)) return;
  js = d.createElement(s); js.id = id;
  js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/all.js#xfbml=1&appId=アプリID";
  fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs);
}(document, 'script', 'facebook-jssdk'));</script>

アプリIDは、ご自分のアプリIDになります。
先ほどコード取得したものをコピーすればOKです。

さらに、今回は各記事の文頭に設置するために次を入れます。

<script type="text/javascript">
$(document).ready(function(){
var page_url = location.href;
var entries=$(".skinArticleHeader h1 a");
for(i=0;i<entries.length;i++){
var url=entries&#91;i&#93;;
title = entries.eq(i).text();
$("div.articleText").eq(i).before('<div class="fb-like" data-href="'+url+'" data-send="true" data-width="410" data-show-faces="true"></div>');
}});
</script>

※上記のうち次の部分に、コード取得で表示された2つめのコードが含まれています。( data-href=”‘+url+'” を付け足した状態になっています)

$("div.articleText").eq(i).before('<div class="fb-like" data-href="'+url+'" data-send="true" data-width="410" data-show-faces="true"></div>');

※アメブロではmetaタグにOGP情報を書き込むことができませんので、OGP設定はスルーしています

これで保存し、フリープラグインを使用する機能に設置すると、アメブロの記事上部に顔つきのいいね!が表示されるようになります。



顔写真が付くとどんな方が「いいね!」してくれたか分かっていいですね^^

カラーコード

便利なカラーコードです

そのままコードがコピーできます。

#000000 #333333 #666666 #999999 #cccccc #ffffff
#000000 #000033 #000066 #000099 #0000cc #0000ff
#003300 #003333 #003366 #003399 #0033cc #0033ff
#006600 #006633 #006666 #006699 #0066cc #0066ff
#009900 #009933 #009966 #009999 #0099cc #0099ff
#00cc00 #00cc33 #00cc66 #00cc99 #00cccc #00ccff
#00ff00 #00ff33 #00ff66 #00ff99 #00ffcc #00ffff
#330000 #330033 #330066 #330099 #3300cc #3300ff
#333300 #333333 #333366 #333399 #3333cc #3333ff
#336600 #336633 #336666 #336699 #3366cc #3366ff
#339900 #339933 #339966 #339999 #3399cc #3399ff
#33cc00 #33cc33 #33cc66 #33cc99 #33cccc #33ccff
#33ff00 #33ff33 #33ff66 #33ff99 #33ffcc #33ffff
#660000 #660033 #660066 #660099 #6600cc #6600ff
#663300 #663333 #663366 #663399 #6633cc #6633ff
#666600 #666633 #666666 #666699 #6666cc #6666ff
#669900 #669933 #669966 #669999 #6699cc #6699ff
#66cc00 #66cc33 #66cc66 #66cc99 #66cccc #66ccff
#66ff00 #66ff33 #66ff66 #66ff99 #66ffcc #66ffff
#990000 #990033 #990066 #990099 #9900cc #9900ff
#993300 #993333 #993366 #993399 #9933cc #9933ff
#996600 #996633 #996666 #996699 #9966cc #9966ff
#999900 #999933 #999966 #999999 #9999cc #9999ff
#99cc00 #99cc33 #99cc66 #99cc99 #99cccc #99ccff
#99ff00 #99ff33 #99ff66 #99ff99 #99ffcc #99ffff
#cc0000 #cc0033 #cc0066 #cc0099 #cc00cc #cc00ff
#cc3300 #cc3333 #cc3366 #cc3399 #cc33cc #cc33ff
#cc6600 #cc6633 #cc6666 #cc6699 #cc66cc #cc66ff
#cc9900 #cc9933 #cc9966 #cc9999 #cc99cc #cc99ff
#cccc00 #cccc33 #cccc66 #cccc99 #cccccc #ccccff
#ccff00 #ccff33 #ccff66 #ccff99 #ccffcc #ccffff
#ff0000 #ff0033 #ff0066 #ff0099 #ff00cc #ff00ff
#ff3300 #ff3333 #ff3366 #ff3399 #ff33cc #ff33ff
#ff6600 #ff6633 #ff6666 #ff6699 #ff66cc #ff66ff
#ff9900 #ff9933 #ff9966 #ff9999 #ff99cc #ff99ff
#ffcc00 #ffcc33 #ffcc66 #ffcc99 #ffcccc #ffccff
#ffff00 #ffff33 #ffff66 #ffff99 #ffffcc #ffffff

YouTubeの動画をアメブロに埋め込む

YouTubeの動画をブログに埋め込む方法です。

アメブロならば、メッセージボードに設置すると見てもらいやすいですね。

YouTubeの動画をブログに埋め込む

1.YouTubeで動画を開く

YouTubeで埋め込みたい動画を開きます。

2.共有ボタン

動画の下にある「共有ボタン」をクリック


すると「埋め込みコード」「メール」のボタンと一緒に、facebook等のアイコンが表示されます。

アイコン類の下の「その他」をクリックするとアメブロのアイコンも出てきます


アメブロのアイコンをクリックすると、アメブロの投稿画面に埋め込み用のタグが挿入されます
(アメブロにログインしている場合)

※ただし、アメブロのレイアウトを3カラムにしている場合は、大きさが合いません。

3.大きさを変える場合は、埋め込みコードから

アメブロを3カラムにしている場合は、アメブロのアイコンからではなく、「埋め込みコード」のボタンをクリックします。


「以前の埋め込みコードを使用する」にチェックをいれ、カスタムの幅を変更します。

アメブロが3カラムなら400pxほどで。

4.埋め込みコードをコピーし、アメブロで貼り付け

あとは、埋め込みコードをコピーし、アメブロに貼り付けます。


コピーしたものは、アメブロでタグ編集エディタか、HTML表示にして貼り付けます。
メッセージボードに貼り付ける場合もHTML表示にして貼り付けます。


i2iアクセスランキングの設置

ブログで良く見かける i2iアクセスランキング
i2iアクセスランキングは、アクセス元のランキングです。

つまり、どのサイトからのアクセスが多いかわかるものです。

i2iアクセスランキングの設置

i2iに登録

まずは、こちらからi2iに新規ID登録します。


メールアドレス、希望ユーザーID、パスワードを入力します。
規約事項を良く読み、『規約に同意して登録』をクリックします。

登録したメールアドレスに、確認URLが記載されたメールが届きますので、確認URLをクリックし、登録を完了。

2.アクセスランキングの設定

登録したユーザーID、パスワードを入力し管理画面へログインし『新規パーツ』をクリックします


新規パーツ作成画面になりますので、『アクセスランキング』をクリック。


パーツ名を入力し、『実行』をクリック。


パーツの作成ができたら、『管理画面へ移動』をクリック


サイトの情報を入力します。
『サイトのタイプ』は、PCサイト、ケータイサイト、ブログサイト、すべてにチェックを入れて、次に進みます。


サイトのジャンルは、ブログに書いているテーマに合わせて選びます


サイト名と、サイトURLにブログタイトル、ブログURLを入力します。

次をクリックすると、確認画面になりますので、確かめてサイト情報の編集を終了し、『設定状況概要』に進みます。

3.詳細設定

『詳細設定』から設定を行います。


各項目、文字サイズ、色、ランキング表示件数など変更します。

変更後は、右側の『プレビュー更新』をクリックし、『設定内容を適用』をクリックして設定を決定します。

4.タグの発行

i2iの管理画面の左下にある管理メニューの『タグ発行』をクリックします。


i2iアクセスランキングを設置した際に画面に表示されるFlashバナーの種類を選び、『タグタイプ決定/変更』をクリック。

そして、『アクセスランキングタグ』をコピーし、アメブロの『フリープラグイン』に貼り付けます。

URL変更

管理画面の『便利機能設定』で、『URL⇒タイトル変更』をクリックします。
『タイトル変更していないアクセスのランキング表示』を『しない』に、『主要検索エンジンの表示・非表示』を『非表示』にします。
※『タイトル変更していないアクセスランキング表示』を『する』にすると、URLがそのまま表示されてしまい、効果的ではありません。

表示変更

アクセスがあっても、表示変更をしていないアドレスは『未設定』となっています。そのアドレスを表示させたい場合は、右横にある『表示変更』をクリックします。


『変更後に表示する情報』のタイトルに、表示させたいURLのサイトタイトル(ブログタイトル)を入力します。

『タイトル変更設定の確定』をクリックして変更完了です。


タイトル変更されました。

統計期間

アクセスが少ないうちは、統計期間を長くしておきます。

管理画面の『便利機能設定』の『期間設定』でタイプAの過去7日分累計になっているところを、30日などにします。