何のために提供しますか?

内藤です。

最近はまっている木下晴弘さんの講演で紹介されていた書籍にあった内容です

これは、アメリカでのお話です。
ある鉄道会社の社長が、路線の修理現場を視察していました。
すると、ひとりの作業員が親しげに話しかけてきました。

「久しぶりだね! 君もずいぶん出世したものだね。君が社長になったと聞いたときは、本当に驚いたよ。」

見ると、その作業員は約10年前に社長と一緒に作業員として働いていた友人でした。
そして、その友人は言いました。

「10年前は一緒に、50ドルの日給をもらうために働いていたのにね。君も変わったね」

社長は答えました。

「…そうだったのか。
君は50ドルをもらうために働いていたのか。私は、10年前も今も、この鉄道会社のために、そして、世の中の人のために、快適な旅をしてもらうために働いているんだ」


(引用文献) ※著者様の承諾を得ています。
私が一番受けたいココロの授業 講演編 与える者は、与えられる―。/ごま書房新社



何のために働くかで大きな差が生まれるんですね。


今ご自分の商品やサービスは、何のために提供していますか?

なぜお客様は利用しますか?

それを利用するとお客様はどうなりますか?



これを突き詰めていくと、商品やサービスで与えられる幸せや喜びが見えてきますね。

2017年3月からのアメブロ常時SSL化に際しまして、「フリープラグイン」を使ったカスタマイズが利用できなくなる可能性があります
【追記あり】アメーバブログの常時SSL化に伴う仕様変更について|スタッフブログ
フリープラグインを使ったカスタマイズはせずに、CSSを使ったカスタマイズを行ってください
2013/03/21 何のために提供しますか? はコメントを受け付けていません。 利用される作り方