読者の行動の流れを意識する


内藤です。

カスタマイズの目的は

  • 見やすくする
  • 読みやすくする

事です。

カッコよくなったはいいが、見にくい、読みにくいでは、利用しやすさではマイナスになってしまいます。

カスタマイズだけでなく、記事を書くときの工夫によっても見やすいさ、読みやすさ、そして利用しやうさは変わってきます。

例えば、記事の中でも、メニュー、アクセス、お問合せ等のリンク、営業案内などがある事や、文章を枠で囲うなどして段落わけをすることで見やすく、読みやすくなります。こちらの記事のように。

・記事の前半に、メニュー、アクセス、問合せへのリンクを入れることで携帯ユーザーに配慮しています。

・書くメニューを枠を使って段落別けすることで、パッと見の印象を読みやすそうに感じさせてくれます。

・記事の最後に、営業案内、メニュー、アクセス、問合せへのリンクを記載しています。 
⇒ 記事を読んだ後というのが一番行動を起こしやすいです。

いかがでしょうか?
見やすくないでしょうか?

見やすい ⇒ 読みやすそう ⇒ 実際に読んでみる ⇒ そして、利用につながっていきます。

この読者の行動の流れを意識すると、何をカスタマイズするべきかが見えてきます。

全てご自身でされていますよ~。参考にしてみてくださいね。

フランス式アロマテラピー 東京・方南町駅 レインドロップ専門サロンにじのわ

2017年3月からのアメブロ常時SSL化に際しまして、「フリープラグイン」を使ったカスタマイズが利用できなくなる可能性があります
【追記あり】アメーバブログの常時SSL化に伴う仕様変更について|スタッフブログ
フリープラグインを使ったカスタマイズはせずに、CSSを使ったカスタマイズを行ってください