記事幅を広くする


旧カスタム可能デザインから、2011年8月以降の新カスタム可能デザイン【CSS編集用デザイン】の大きな変化の1つに、『幅』があげられます。

ブログ全体の幅、サイドバーの幅、記事エリアの幅 が広くなりました。

旧カスタムデザイン(ベーシック)では、記事の幅が420pxありました。


新しい【CSS編集用デザイン】では、記事エリアの幅は470pxあります。

ところが、実際に記事の表示される部分の幅は410pxになっています。
つまり旧カスタムデザインよりも狭くなっています。


見やすいように枠と、余白が設けられた分、記事の幅が狭くなっています

枠と、記事本文の余白を狭くすると、記事本文の幅は少し広がります。

CSS編集用デザインで [クイックリンク] ⇒ [スキンCSSの編集]で

/* skinArticleBody 記事本文エリア */
.skinArticleBody{}
.skinArticleBody2{
margin:0 29px;
}

という個所で

margin:0 29px; の29pxを小さくすると余白分が狭くなり、記事本文の幅が広がります。

29pxは左右それぞれを表しています。
もともと記事本文幅 410px + 余白 29px×2(左右分) + 2px(左右の枠線) で470pxになっていました。

29pxの部分を変えてみてくださいね。

2017年3月からのアメブロ常時SSL化に際しまして、「フリープラグイン」を使ったカスタマイズが利用できなくなる可能性があります
【追記あり】アメーバブログの常時SSL化に伴う仕様変更について|スタッフブログ
フリープラグインを使ったカスタマイズはせずに、CSSを使ったカスタマイズを行ってください

コメントを残す